Column
コラム

福津市】建設業の求人をお探しならIKI興建株式会社!地元の職人を募集 土木作業員の歴史

建設や土木などの仕事は規模が大きいため、求人の数も多いです。求人情報を探す際に、気を付けたいのが、建築と建設の違いです。

建築と建設では、意味している業務の幅が異なるからです。今回は、福津市にあるIKI興建株式会社が、建築と建設の違い、土木作業員の歴史をご紹介します。福津市で建設業の求人をお探しの方は、IKI興建株式会社へ。IKI興建株式会社では、経験者・未経験者問わず、地域の職人を募集しています。

建築と建設の違いを解説!

ビル建設

建築と建設は、一般的にはあまり区別されずに使われている傾向にありますが、実は明確な違いがあります。両者の違いを理解しておくと、建設業や土木業に就職したときに、「イメージしていたのと違った…」という事態を避けられます。

まず建設とは、主に道路や橋、ダムなどの構造物をつくることです。何かしら大きな建物をつくったり、インフラなどを整えたりといった意味でも使われており、かなり幅広い意味を持っています。

一方で建築とは、家やビルといった生活に身近なものを建てることです。建築という言葉のルーツは、明治時代に「Architecture」という単語を訳したことから始まります。これは、当時「造家」とよばれていました。造家という言葉からも分かるとおり、建築はあくまで構造物をたてるという意味合いが強いのです。

つまり、建築は、大きな概念の一部といえます。そのため、大手ゼネコンなどは、〇〇建設などの企業名になっているケースが多く、土木や電気設備なども含めた総合的なビジネスを行っています。

総合的な都市開発などに携わっていきたいなら建設、あくまで構造物を建てる仕事のみに絞っていきたいなら建築をキーワードに求人を探し、応募してみてください。

福津市のIKI興建株式会社は、九州に根ざした地元密着型の建設業者です。構造物をたてるプロジェクトや土木工事、災害復旧工事など幅広いビジネスをしています。業務拡大のために、正社員の募集をしていますので、福津市で建設業に携わりたいなら、ぜひIKI興建株式会社の求人にご応募ください。

建設業の求人をお探しの方必見!土木作業員の歴史

スコップで地面を掘る作業員

建設業の求人をお探しの方へ、土木作業員の歴史をご紹介していきます。土木作業員のルーツは古く、天皇陵や城壁、築城作業をしていたことから始まりました。

江戸時代に入ると、建築業と土木業の区別ができます。当時の土木作業員がメインに行っていたのは、埋立地の造成で、火消しの役割もしていました。

明治時代に入ると、宮内庁で土木作業をする土工司が現れ、これは現在の土工という言葉に受け継がれています。現在では、AIやドローンなどの最新技術を活用する土木作業も行われています。国がある限り、土木業や建設業の仕事がなくなることはないでしょう。

歴史と需要のある建設業に興味があるなら、ぜひ福津市のIKI興建株式会社の求人に応募してみませんか?地元・福津市をはじめ、周辺エリアからの応募もお待ちしています。

地元・福津市で建設業のスタッフを募集!

建設業と建築業の違い、土木作業員の歴史をご紹介しました。大きな構造物をつくったり、都市の開発、災害からの復旧をしたりなど、建設業の仕事は多岐にわたり、福津市への貢献度も高いです。

福津市で建設業の求人を探しているなら、地元のIKI興建株式会社へ。経験者の方はもちろん、未経験者も募集しています。

福津市で建設業の求人を行っているIKI興建株式会社

会社名 IKI興建株式会社(本社)
住所 〒811-3212 福岡福津市福間南3丁目2−14
電話番号 090-5927-1996
URL https://ikikouken.co.jp/
営業時間 8:00~17:00
定休日 日曜日(また、天候による)